家族や友人一覧

うつ病の家族や友人への接し方

家族にうつ病患者がいる、友人がうつ病だ、そんなケースも今では珍しくなくなりました。でも、それは同時に「うつ病の家族や友人にどう接して良いかわからない」、という困惑が生まれることにもなるでしょう。家族にうつ病の人がいる場合、その接し方にはとても大変な想いをしていることと思います。情緒不安定になり、ふさぎこんだり泣き出したりする家族と、どう付き合えば良いのかアタマを抱えることになり、本当にどうすれば良いのか判断が難しいことでしょう。

うつ病 家族への伝染

うつ病者の家族を世話する方が、新たなうつ病患者になるリスクと対処法についてお話します。うつ病者は、その症状のために、いろいろなネガティブワードを口にします。ネガティブな力は、周囲のエネルギーをも奪い取る怖さを秘めています。うつ病者が口にするこれらの言葉を正面から受け止めることで、家族の心にも知らないうちに大きなストレスが溜まっていくこともあるのです。

うつ病には調子の良い波と悪い波がある

うつ病は「目に見えない」病気だけに、周囲の人にとって本人の状態を正確に察することはとても難しいことです。調子が悪いうつ病者に対し、良かれと思って「気分転換に動いたらどう?」と言っても、それは本人にとって大変な負担にしかならず、余計重たい気持ちにさせてしまいます。