うつ病の治療一覧

うつ病の治療は焦ってはダメ!

うつ病になると、とにかく意欲が低下し物事が億劫になり、やる気が出ず、集中力も極度に低下します。これはうつ病の代表的な病状です。しかし内科的・外科的な見地でみると「カラダに異常はない」と見なされるので、うつ病に関して知識のない周囲の人は「もっと気合い入れて頑張れ」と期待してきます。そして本人もその期待に応えようと無理をしてしまうケースが少なくありません。

うつ病の予後

うつ病は治療を始めればすぐに治療が終わるというものではありません。骨折など病院に通う必要のある身体疾患と同じように、治癒していく過程にはある程度の期間が必要になります。 治っていく経過も、良くなったり、悪くなったりという小さな波をもちながら、階段をゆっくりと1段ずつ上るように改善していきます。

うつ病とセカンドオピニオン

うつ病の治療をしていく上で、自分の掛かり付けの病院の医師にある種の疑問を抱く場合があります。うつ病は長期化する病気であるので、治療途中に・・・「この医師のいう治療法で本当に治るのであろうか・・・」「今、出されているクスリは、本当に自分の症状を緩和できるモノなのだろうか・・・」「薬の量や種類は増える一方なのに、回復の傾向がないのは何故?」「この医師は私の状況を本当に把握しているのだろうか・・・」「この医師は、なぜ私のこうなりたいという希望を聞いてくれないのか・・・」「どうして、もっと私に合った効果のあるクスリを出してくれないのだろうか・・・」などと考えたことはありませんか。

うつ病になったら知っておくべき「心療内科・精神科」の違い

心療内科は、精神科などと扱う病気の線引きが曖昧になっている面があると言われますが、精神科との違いを知っておくことで、自分がどこで診察を受ければ良いのかが分かりやすくなります。まずは心療内科をよく知るためにも、以下を読んで診療科による違いを理解してください。

うつ病で気になる症状はどんどん医師に相談しよう

うつ病を患うと、様々な症状が表れます。どんなことであっても、医師に相談して症状の切り分けをしてもらうことがよい治療の進め方です。特にクスリを服用開始してから、発症した症状については、事細かく相談・質問をした方がよいです。 具体的な例を以下に挙げます。