うつ病とは?一覧

うつ病ってどんな病気?

うつ病(または感情障害)とは、重度の心身のストレス(精神的ストレスや身体的ストレス)が原因となり、脳の機能が障害が起こしてしまう状態です。脳がうまく働いてくれないことで、悲観的になったり、健康な状態であれば乗り越えられるようなことも「ダメだぁ・・・」と限界を感じて物事に対して否定的になり、やがて行動が出来なくなります。

うつ病の種類と特徴

うつ病はさまざまな分類に分けることができるのですが、主に大きく6つに分類に当てはまるとも言われています。①症状の現れ方による分類②重症度による分類③初発か再発かによる分類④特徴的な病型による分類⑤季節型による分類⑥産後うつ⑦更年期うつ

うつ病になる原因

うつ病を引き起こす原因にはさまざまなことがあります。そう、原因は1つではないということです。複数のことが重なることで、発症するケースが多いです。うつ病になる原因は共通して、何らかの「非常に辛いできごとが発症のきっかけ」になるということが言えます。うつ病になる原因は色々な背景がありますが、特に以下のようなことが大きく関係していると言われています。

うつ病の治療

うつ病の治療にはまず第一にしっかりとした「休養」次に「クスリによる治療」そして「精神療法・カウンセリング」という大きな3つの柱で構成されます。脳の機能が障害が起こしてしまい心のコンディションに響く病気の治療は特別なものと考えられがちですが、決して特別なものではありません。何故なら、さまざまな病気の治療と何らか変わりはないのです。

うつ病は遺伝する可能性がある?

自分自身がうつ病になった場合、子供もなってしまう可能性が高いのか、あるいは親族にうつ病患者がいる場合、自分もうつ病になる可能性があるのかと、そもそもうつ病は「遺伝」するのか?という心配が、ついて回る人もいるのではないかと思います。この件に関しては、これまでのうつ病と遺伝の研究から、全く無関係とは言えないようです。

うつ病は怠け者ではない!

うつ病の症状で特徴的なもののひとつに、「自責の念」があります。行動力も思考力も弱り思うように動くことのできない「自分を責めてしまう」という症状です。うつ病は「目に見える病気」ではないため、周囲の人の理解を得にくいことが多々あります。うつ病という病気だから動きたくても動けないのに、それを理解してもらえないどころか、「頑張ればできる!」とか「ちょっとダラけてるんじゃないか?」などと言われることもあり、理解をしてもらえないが故に、うつ病の人にとってはデリカシーのない言葉が飛び交います。これはうつ病の人にとっては非常に苦しいことです。

「非定型うつ病」って何?

ここ数年、20~30代の女性に増えている新しい心の病気に、「非定型うつ病」というものがあります。「非定型うつ病」は、認められてからまだ日が浅く、専門家の間でも十分に理解されているとはいえません。そのため、うつ病や神経症、自律神経失調症といった、ほかの病気と診断されたり、検査で異常が見つからないために病気とは認められず、性格として受け止められてしまうケースが少なくないのが現状でもあります。

新型うつ病とは?

日本うつ病学会のガイドラインによると、「新型(現代型)うつ病」は「若年者の軽症抑うつ状態」の一部を切り取ったものです。そして「新型(現代型)うつ病」とはマスコミ用語であり、精神医学的に正式な病名ではありません。したがって、医学的に明確な定義があるわけではないのですが、以下のような特徴があると言われています。

うつ病 難治性うつって何?

うつ病では薬物治療が主になってきますが、ある程度の期間治療を試みてもなかなか効果がみられないような場合、「難治性うつ病」と診断されることがあります。うつ病では薬物治療が主になってきますが、ある程度の期間治療を試みてもなかなか効果がみられないような場合、「難治性うつ病」と診断されることがあります。