青少年一覧

うつ病に悩む 中学生・高校生

昨今では、中学生・高校生のうつ病も珍しくなくなりました。過去には。青年期(思春期)での精神的な混乱状態は発達過程の正常な状態とされていましたが、1970年以降、青年期を対象に成人のうつ病基準をそのまま用いた研究が多くなされました。うつ病」は、実は小学生でもなることがあり、中学生以降は急激に増えて大人と変わらない頻度で起きています。現在では、児童、青年期においても成人と同様にうつ病と診断しうること、児童、青年、成人期と通じて同様の症状(うつ病の症状)を示すことが明らかになりました。