固定概念は捨てよう

何らかの物事に固執をしてしまう考え方は、どうしても自分の視界を狭めてしまいます。

視界が狭くなれば、自ずと思考も硬く狭くなってしまい、自分自身で身動きが取れなくなってしまうことを選んでしまうようなことになることは往々にしてあったりするものです。

この身動きの取れない状態は

「自己の世界観をも狭めてしまうことは間違いない。 」


想像力や独創性に欠けてしまう毎日を送るしかない。負の連鎖に飲まれてしまうからです。 

そんな生き方を敢えて選ぶ必要などありません。

何故なら、自分がその気になれば、生き方はいつでも変えられるから。 それを難しく考える必要もないんです。 

自分の中の固定概念を捨て去り自分が「自由」であることを体感してみよう。 


自分の人生は誰のものでもなく、自分自身のものであることを思い出してみましょう。

生き方は選ぶことが出来ます。自分の人生は自分のものであることを決して忘れてはなりません。

そう、全ては自分次第なのです。