生き方は自分で変えられる

何かに固執してしまうと、どうしても視界が狭くなりがちです。

視界が狭くなればなるほどに、せっかくの思考も硬くなってしまい、やがて身動きが取れなくなるなんてことにもなりかねません。身動きの取れない状態は、とても辛いものです。

苦しさだけに捕らわれてしまい、悩みに明け暮れる日々を迎えてしまいます。これでは悪循環を生み出すだけで、解決の糸口を見つけることに困難を極めるでしょう。

そして、自分の世界観をも狭めてしまい、新たな想像力や独創性に欠けてしまう毎日を送るしかない、「負の連鎖」に飲み込まれてしまいます。

そんな時に思い出して欲しい言葉があります。

「生き方はいつでも変えられる」


何も難しく考える必要もありません。本来の自分は「自由なのだ」「伸び伸びと生きることを選択できるんだ」ということを。

自分の人生は誰のものでもなく、自分自身のものであることを思い出してください。生き方を選ぶことができるんです。

「自分の人生は自分のもの」であることを決して忘れないでください。

全ては自分次第です。